iPhoneの進化ってどれくらい起きているの?

グラフィックの向上

2010年にはiPhone4がリリースされました。iPhone4において最も大きい進化はRetinaディスプレイの搭載でしょう。これまでのiPhoneと比較して約4倍の解像度になっており、高精細な画面を楽しめるようになったのです。AppleオリジナルCPUであるAppleA4も搭載されています。

ディスプレイの進化で世界を驚かせたiPhone4ですが、2011年になるとAppleはさらに進化したiPhone4Sをリリースしたのです。AppleA5のCPUによってグラフィック性能が7倍になり、FullHDの動画撮影も可能になりました。そして、iPhone4Sはスティーブ・ジョブズが最期に関わったモデルでもあります。

2012年になるとiPhone5が発表されました。これまでの3.5インチ画面から縦長の4インチとなり、CPUやグラフィック性能も約2倍になっています。そして、最も大きい変化はLightningコネクタの搭載でしょう。これまでのDockコネクタよりも転送速度がアップしており、大容量のデータも扱いやすくなったのです。次世代通信であるLTEにも対応しています。

そして、2013年にはiPhone5sとiPhone5cがリリースされたのです。日本ではソフトバンクとauだけの販売でしたが、これらのモデルからdocomoでも取り扱いをはじめました。